提唱ロータリークラブ『都城ロータリークラブ』のホームページへ
国際ロータリーテーマ

ウェブを検索
"mj-rac.com"を検索
Powered by Google
トップ活動報告>2月第二例会「発達障害について理解しよう!」

2月第二例会 「発達障害について理解しよう!」



平成28年2月26日(金)コミュニティセンターで行いました。
本日の出席者は以下の通りになります。
理事 【会長】 藤田 雄也 ○
【副会長】藤井 愛梨 ○
【幹事】 宇都 沙織 ○
【会計】 徳重 亮太 ○
クラブ奉仕委員会 【委員長】笠野 由季 ○
【委員】 上原 達矢 ×
【委員】 関谷 詩苑 ×
【会員】 今藤 健志郎×
社会奉仕委員会 【委員長】大草 明日香 ×
【委員】 岡田 真 ×
【委員】 佐藤 博昭 ○
【委員】 唐見 麻美子 ×
専門能力開発委員会 【委員長】温水 智久 ○
【委員】 前段 強太 ○
【委員】 徳重 亮太 (兼任)
【委員】 藤井 愛梨 (兼任)
新入会員・委員会未定 【会員】 伊賀上 洋輔 ×
休会

ゲスト
平成28年2月26日(金)コミュニティセンターにて「発達障害について理解しよう!例会」を行いました。





最近では、よく耳にする「発達障害について」皆で勉強会を行いました。
発達障害という言葉は知っているけれどどのような症状なのか?知らないことがたくさんありました。



一見、何を書いてあるかわからない文章ですが発達障害のある方にこの文を見せると5秒ほどで文字を変換し正しい文章に直せるとの事でした。



ここで答え合わせ♪
皆で解きましたが、1分経っても解けない問題もありました。





こちらは発達障害により視野が狭くなるという体験をしている様子です。
同じ景色でも見える範囲が狭かったり、手などの感覚も鈍いなどの症状がある方もいるとの事でした。
実際に体験した佐藤君によると、視野が狭いので見えにくく、手の感覚もあまりない為いつもは簡単に出来る折り紙がなかな折れないとの事でした。
今回の例会を通して、発達障害について正しい理解がないと誤解を招いたり、発言した言葉がトラウマになるなど知ることが出来ました
今後どういう支援を行い、自立に繋げるのか正しい発達障害への理解が大切だという事を改めて思える例会となりました。
次回は3月11日(金)コミュニティセンターにて「オーストラリアの文化や歴史を学ぼう例会」を行います。

この記事の個別URL