提唱ロータリークラブ『都城ロータリークラブ』のホームページへ
国際ロータリーテーマ

ウェブを検索
"mj-rac.com"を検索
Powered by Google
トップ活動報告>2月第一例会 「チャリティーについて例会」

2月第一例会 「チャリティーについて例会」



平成25年2月7日(木)都城市コミュニティセンターにて社会奉仕委員会による「チャリティーについて例会」を行いました。
本日の出席者は以下の通りになります。
五役 【会長】 長友
【副会長】藤田
【幹事】 土持
【副幹事】岡田
【会計】 唐見(絵)
クラブ奉仕委員会 【委員長】佐伯(士)
【委員】藤井
社会奉仕委員会 【委員長】大石
【委員】
専門知識開発委員会 【委員長】上原
【委員】佐伯(浩)、小林、
休会 唐見(麻)、吉行
ゲスト 国分RAC 中村 さん
国分RAC 鶴留 さん
国分RAC 大内山 さん
国分RAC 東村 さん
国分RAC 原田 さん

本日の2月第一例会は、都城市コミュニティセンターにて社会奉仕委員会による「チャリティーについて例会」を行いました。

前回チャリティーついては、チャリティースポーツを行い、みんなでフットサルを楽しみながらチャリティー募金('∀`)を集めていきました。今回は、この集めた募金をどこに送るかということを話し合いました。

今回も、国分から5人のメンバーが参加してくれました。
国分RACはチャリティー活動が盛んで大規模なチャリティー企画を行っています。
3月に行うチャリティーボウリング大会の案内もかねて参加していただき、一緒にチャリティー先について話し合いました。

国分RACは今回、自閉症への理解をテーマにチャリティー活動を行い、集まった募金も自閉症協会へ送ることを目標に企画しています。都城RACもそういった障害を持った方たちや、ボランティア活動を行っている団体への寄付をして行こうというような話が出ました。

委員長より、チャリティーとは何ぞやという説明がありました。
チャリティーとは、慈愛・博愛・同胞愛または慈善の精神に基づいて行われる公益的な活動・行為もしくはそれを行う組織のこと。
日本におけるチャリティー・慈善の起源は明確ではありませんが、縄文時代には障害を持った者も周囲の補助を受けながら生活していたことが判っているそうです。

次に、都城市近辺で活動しているボランティア団体の一覧を見てもらい、チャリティー先の案を出してもらいました。


みんなそれぞれの意見を出してもらい、みんなのいろんな考え、興味を知ることが出来たし、チャリティーに対する意欲も出た例会でした^^
まずは、国分のボウリングで楽しみつつたくさんのチャリティーをしましょう!

社会奉仕委員会の皆さん、チャリティーについての勉強になりました!お疲れ様でした!!
次回は、2月27日(水)都城市コミュニティーセンターにて専門知識開発委員会による「ディベート」例会になります。
聞いただけで難しそうですが、どのような例会になるのでしょうか?

この記事の個別URL