提唱ロータリークラブ『都城ロータリークラブ』のホームページへ
国際ロータリーテーマ

ウェブを検索
"mj-rac.com"を検索
Powered by Google
トップ活動報告>10月第二例会 「笑いについて例会」

10月第二例会 「笑いについて例会」



平成24年10月24日(水)都城市コミュニティーセンターにて専門知識開発委員会による「笑いについて例会」を行いました。
本日の出席者は以下の通りになります。
五役 【会長】 長友
【副会長】
【幹事】 土持
【副幹事】
【会計】 唐見(絵)
クラブ奉仕委員会 【委員長】佐伯(士)
【委員】藤井
社会奉仕委員会 【委員長】大石
【委員】
専門知識開発委員会 【委員長】上原
【委員】小林、唐見(沙)、
休会 唐見(麻)、吉行
ゲスト
本日の9月第一例会は、都城市コミュニティーセンターにて専門知識開発委員会による「笑いについて例会」を行いました。
笑いについて・・・どのような例会になるのでしょうか^^?

まず、例会に先立ち、これまでゲストとして参加してもらっていた藤井あいりさんが正式に都城RACに入会していただきメンバーの一員になりました○(^-^)o
委員会はクラブ奉仕員会になります。これからよろしくお願いします^^

最初に、委員長の上原君より説明がありました。
笑いには種類があり、「愉快な笑い」「社交の笑い」「作り笑い」「極限状態の笑い」と4種類の笑いがあるそうです。極限状態の笑いとは腹が筋肉痛になるやつですねww
その他にも、「笑う」ことによって、がん細胞を退治するナチュラルキラー細胞が増えるという効果があることも学びました。

上の写真は、メンバー内での相方を決めるため、あみだくじをしている様子ですw
どのようなペアが出来上がるのでしょうか^^?

みんな、ほぼ即興でしたが面白いネタを見せてくれました^^


笑いについて、追求してくれた専門知識開発委員会の皆さん、お疲れ様でした!!
次回は、11月9日(金)高城町総合運動公園体育館にて社会奉仕委員会による「チャリティーフットサル」例会になります。

この記事の個別URL